関西 メンズエステ 極嬢 体験 備忘録

メンエス 愛好家 中年の星が、実際に訪問したメンズエステの極嬢体験談を中心にお届け致します。

10/9在籍確認:厳選情報⑫大阪市内 20代後半 愛嬌抜群 押しに弱い童顔スレンダーセラピストさんとのHR体験

10月9日現在 在籍確認

過去に公開させて頂いた極嬢の在籍確認できましたのでご報告致します。

どうも、メンエス 愛好家 中年の星です。
今回、ご紹介するのは、セラピストランキングにも出て来ない、愛嬌抜群の美人セラピストさんです。

場所:大阪市内某所
料金:11,000円(100分 割引適応指名料込み総額)

ドアオープンから、ニコニコの素敵な笑顔でお出迎えしてくれた、20代のスレンダーで可愛らしいセラピストさん。パッと見では、20代前半にも見える童顔な感じですが、もう20代半ばを過ぎているとのこと。

【※以下の体験記事には、メンズエステにはあるまじき非健全な施術内容の表現が含まれておりますが、実際の施術をモデルとした、あくまでも妄想の体験記事となりますので、ご留意下さい。体験していない事を文章に出来るほど、筆者に文才はございませんが…】


シャワーへのご案内までの間も他愛もないオッサントークにコロコロと笑ってくれ、すぐ距離感が縮まるように感じます。
特に紙P着用の指示はなかったので、ノー紙Pにてマットへ直行。

シャワー後、マットでのうつ伏せの施術が始まっても、気さくに色んな話題を振ってくれながらも、しっかり心地よい施術で、身も心も癒され、なんだか休日に彼女の家に来たかのような心地にさせてくれます。

カエル脚での施術では、身体の横のポジションから、SKブへ、にゅるっとスベスベの手が本体の側部をかすめながら侵入して来ます。

それまで普通に楽しく会話しながら施術を受けていたのな、思わずお尻をビクビクとさせ、話が続けられない状態になってしまうと、セラピストさんは、『ここ気持ちいいんですか?♡』といたずらっぽくと声をかけてくれます。

セラピストさんの本体への接触を確実に意識した深いストロークに、あっと言う間にフルBK状態にさせられてしまいます。

セラピストさんは、すぐ手の届く横の位置に無防備な体勢で、ソケイBへアプローチしてくれており、思わずワンピースのスカートから伸びるスベスベの太腿に手を伸ばしたくなります。

セラピストさんの太腿の内側に優しく手のひらで触れても、お咎めありません。

セラピストさんのストロークはさらに深くなり、本体の側面から亀◯をかすめる程になり、あまりの気持ち良さに、セラピストさんの太腿をぎゅっと掴んでしまいます。

本体はGINGINの状態にさせられ、早くも仰向けでの施術をオネダリすると、セラピストしんは、『まだ早いよー(笑)』と言いながらも、仰向けでの施術を了承頂きます。

SKブから、ほぼ本体をダイレクトに擦り上げるようなストロークに、本体からは、ガ◯ン汁が溢れる状態に…!

その間も、手はセラピストさんの太腿の内側をスリスリしていましたが、もうムラムラが限界となり、太腿から徐々に下着へと手を伸ばします。

セラピストさんは、『あー、めっちゃ触ってる…、ダーメ♡』とオイタをたしなめますが、特に身体を避けたり、手を遮られることはありません。

さらに下着の上から、セラピストさんの秘部のビ◯カンな部分を擦りあげると、セラピストさんから、色っぽい吐息が漏れて来るのがわかります。

セラピストさんは、『ダメって言ってるのに…♡』と言いながらも、全く避ける素振りを見せないので、下着の脇から指を侵入させると、すでにセラピストさんの肉壺はヌルヌルと湿りを帯びています。

ここでセラピストさんが、『指、中に入れちゃダメ…♡』と手を遮ろうとしますが、蜜壺の中を指で掻き回すと、遮ろうとした手には力が入らず、セラピストから押し殺した切ない喘ぎ声が漏れてきます。

セラピストさんは押しに弱いタイプと確信し、横に添い寝して欲しいとリクエスト。
セラピストさんは、『まだマッサージの途中なのに…』と言いながらも、添い寝に応じてくれます。

セラピストさんの蜜壺を指で掻き回すながら、ワンピースの肩紐をずり下ろし、ブRAを捲り下げると、推定Eカップの綺麗なお椀型のオPPAIが露わになります。

セラピストさんはチ◯ビがかなりビ◯カンな様子で、蜜壺を指で掻き回しながら、チ◯ビに舌を這わせると、身体を仰け反らせて、喘ぎ声がもう押し殺せなくなってしまっています。

気がつくと、セラピストさんの手は本体をダイレクトにしっかりとグリップされています。

下着が汚れるといけないからと、セラピストさんのパ◯ティーを脱がし、今度はさらにビ◯カンな蜜壺の核を舌で転がしながら、指で激しく蜜壺を掻き回すと、セラピストさんはもう為すがままの状態に。

セラピストさんに、「もう我慢できない、入れたい」とお願いするも、セラピストさんは、『ダメ〜…』、「ちゃんとゴ◯付けるから、お願い、お願い』とゴ◯を取り出し装着し始めると、セラピストさんは、『もう〜、ダメって言ってるのに(笑)♡』と挿◯を了承頂きました。

正◯位で、もうガチガチになった本体をゆっくりとトロトロの蜜壺へ沈め込んでいくと、セラピストさんは、大きく身体を仰け反らせ、切ない吐息が漏れてきます。

一番奥の深いところへ届くと、セラピストさんはがぎゅっとこちらにしがみ付いて来て、それと同時に蜜壺の中が、キュッとキツくなるのが分かります。

本体を、引き抜く時に、亀◯に肉◯ダが絡みつく感覚と、締◯りの良い蜜壺のの感触に、一気に射◯感が込み上げて来た為、熱い滾りを奥深くへ叩きつけるように、ピ◯ストンし、大量放出のSKRとなるHR体験となりました。
 
ルックス ★★★★☆
スタイル ★★★★★
施術内容 ★★★★☆
美乳度 ★★★★★
受け身度 ★★★★★★★
脱線度     ★★★★★★★
リピート  ★★★★★★★

↓セラピストさん詳細情報ページ
厳選情報⑫大阪市
https://kingofmassa.blog.fc2.com/blog-entry-12.html?sp

※念の為の注意事項
メンズエステは、風◯ではありませんので、全ての方が同様の体験をできるとはかぎりません。
大人の事情により、当該記事は、あくまでも筆者の主観的な妄想の体験記事として掲載させて頂いております。

妄想記事の内容を、信じるか、信じないかは、あなた次第です。是非、実際のセラピストさんの極上の施術をご体感頂ければと思います。